ROYAL NAVY UNIFORM by GIEVES

いつもご利用頂き、誠にありがとうございます。
スタッフ ファルコンです。

前回、前々回と前職の知識を生かし靴ネタのブログを書きましたが、
今回は自分の趣味的な方向へ向かって書いていきたいと思います。

 

自分は古着の中でもミリタリーが好きで、特に好きなのはグレートコート等なのですが、コートはまだ時期ではないですね。
ですがミリタリー好き、特にイギリス軍好きの方には面白いアイテムがあるので、ご紹介したいと思います。

 

それがこちら…

 f:id:straysheep_yurakucho:20200630194849j:plain

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200630194917j:plain


f:id:straysheep_yurakucho:20200630195119j:plain


「GIEVES」メイドのSTAND COLLAR JACKETです。
ちなみにこちらROYAL NAVY(英国海軍)の制服です。
多分、”ナンバーワン ホワイトセレモニアルドレス”と呼ばれるもの。
いわゆる第一種礼装って言われる服ですね。
戦闘服ではなく、式典などの場で着る礼装用のジャケットです。

f:id:straysheep_yurakucho:20200630193556j:plain


1785年に創業した「GIEVES」は1975年に「HAWKES」と合併し、それ以降「GIEVES & HAWKES」としてロンドンはサヴィルロウで仕立服を作り続けています。

この「GIEVES」と「HAWKES」。
面白いことに「GIEVES」は主に海軍、「HAWKES」は主に陸軍の士官達の服を仕立てており、なぜか上手く住み分けがなされていたこと。
また今でも軍関係者は「GIEVES & HAWKES」に注文することがあるのだとか。
(因みにチャールズ皇太子も「GIEVES」の海軍の制服を着て式典に出たことがあります)

f:id:straysheep_yurakucho:20200630192600j:plain

 

閑話休題。

戦闘服ではなく、士官の式典用の服なのでそれらしいディティールも勿論あります。

まずは肩。
肩には階級を表すショルダーボード(エポレットのようなもの)が付けられるようになっています。
星や線の本数等によって、一目で中佐や大佐などの階級が分かるようになっています。
こちらはショルダーボードを取り付ける穴はあるのですが、ショルダーボード自体はついておりませんでした。

 f:id:straysheep_yurakucho:20200630195204j:plain

 

そして胸。
こちらにはカラフルなプレート状の記章、リボン・バーが付けられます。
リボン・バーとはこれまで授与された勲章や作戦参加章のリボン部分を小さな金属パーツに巻き付けて並べ、
着用者の経歴をひと目で分かるようにしたもの。
こちらもリボン・バー自体は付いていませんでした。

 f:id:straysheep_yurakucho:20200630195233j:plain


「GIEVES」仕立てられたでウールのコートなどは見ることがありますが、コットンのジャケットは稀。
なかなかに面白いアイテムだと思います。
気になる方は是非一度見にいらして下さい。

【BONCOURA  XX & 66 RESTOCK!!】

 
どうもSTAFF J太郎です。
 
当店も新入荷商品も店頭に出し(紹介する前にお嫁にいった物も多々)店頭も充実してきております。
 

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200625194651j:plain

 
【BONCOURA  XX & 66 RESTOCK!!】
 
お待たせいたしました。
 
STRAYSHEEPでは定番【BONCOURA】のデニム “ XX & 66 ” が再入荷致しました。
 
当店では“レザーシューズに相性の良いデニム”としてオーナーが惚れ込んで取り扱いを始めた【BONCOURA】
 
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200214053908p:plain

 
 
今さらではありますがBONCOURAのブランドネームにこめられた想いを。
 
 
 フランス語の「BON COURAGE(ボンクラージュ)」=がんばれと、
日本語の「ぼんくら」=信念を貫き、自分を押し通す、愛すべき馬鹿人間。
この2つの意味を持たせたブランド名
 
「BONCOURA」には、“信念を貫き自分を押し通す、愛すべき馬鹿人間。
そんなすべての人に「がんばれ!」という想い”が込められています。
 
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200221185305j:plain

 
古着キュレーターとしても有名なデザイナー森島氏の熱い気持ちが形となっている【BONCOURA】
 
 
今回再入荷しました “ XX & 66 ” はBONCOURAの ブランドの 【原点にして神話】とも言えるアイテム。
 
 ヴィンテージを語る上で切り離せない【デニム】 
 
BONCOURAを語る上で【デニム】はやはり切手も切り離せない。
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200625195138j:plain

 
【BONCOURA XX】
 
SIZE ・・・28,29,30,31,32,33,34,36,38
 
PRICE ・・・¥30,000+tax (36,38 ¥32,000+tax)
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200625195248j:plain

f:id:straysheep_yurakucho:20200625195310j:plain

 シルエットは武骨な雰囲気漂う太めのストレート
 
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200625195352j:plain

 
【BONCOURA 66】
 
 SIZE ・・・28,29,30,31,32,33,34
 
PRICE ・・・¥30,000+tax
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200625195437j:plain

f:id:straysheep_yurakucho:20200625195456j:plain

 
こちらはテーパードの効いた美しいシルエットも特徴。
 
どちらも共通してBONCOURAオリジナルの14.5oz生デニムを使っています。
 
この生地は未加工なのでリジット状態からワンウォッシュかけますと縮みがでます。
 
生デニムであることで洗いをかけ、時間と共に経年変化していき、この世に二つとないオリジナルの1本が生まれます。
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200625195556j:plain

 
(  着用STAFF  178㎝  68㎏   SIZE30)
 
STAFFが履きこんだBONCOURA66を使ってスタイリングを。
 
存在感のあるデニムに合わせたのはシンプルなミリタリージャケット、シンプルではありますがキャラクターの強いジャケットのインナーはシンプルなヘンリーネック。
 
当店といたしましては、レザーシューズに合うデニムということでブラウンのレザーシューズを合わせました。
 
BONCOURAは魂のこもった熱いアイテムが多いですが、デニムはまさにこのブランドの神話なので実際に試してください。
 

Church's祭り!!

いつも当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。

STAFFファルコンです。
例によって例のごとく、今回もまずはお知らせから。


6/26(金)より営業時間が通常通り11:00-20:00に戻ります。
仕事帰りにゆっくりと商品を見て頂けると思いますので、

どうぞよろしくお願い致します。


さてタイトルに祭りと書きましたが、特にイベントを行っている訳ではありません。
今現在、店頭には「Church's」が6足ございます。
スムースレザーは勿論、スエード、ポリッシュドバインダーとアッパーの素材は色々。
そして時代も三都市のものも二都市のものも。
これだけバリエーションに富んでいるのも珍しいので、思わず祭りと題してしまいました。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200623191552j:plain

 

どこのブログでも書かれているとは思いますが、まずは軽くチャーチの歴史から。
チャーチのは1873年、Thomas Churchとその妻Eliza、そして二人の息子AlfredとWilliamがノーザンプトンに工房を開くところから始まります。

のちに息子のWilliamは左右別々の木型(以前は靴には右足と左足の区別がなかった)や様々な素材、サイズについてもハーフサイズを導入するなど、現在の靴の礎を築いたといえますね。

 

ちなみにこの1873年、日本では明治6年、ファッション業界的にはリーバイスの創業者たちがリベットでポケットを補強したズボンの特許を取得し、ジーンズ発祥の年なのだとか。

そして阪急メンズ東京に勤めている自分にはまさに運命とでも言いましょうか、阪急電鉄・阪急百貨店・阪急東宝グループの創業者である小林 一三氏の生誕年でもあります。

 

閑話休題。

それでは早速、祭りに登場する6足のChurch’sをご紹介。

 

まずは王道、黒のストレートチップ、73LASTの”BALMORAL”。
インソールの表記は三都市でアッパーはブックバインダーカーフ。
三都市の表記は80年代から90年代になります。
どんなシーンでも活躍してくれる頼もしい一足です。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200623191633j:plain f:id:straysheep_yurakucho:20200623191714j:plain

 

次はセミブローグ、チャーチの中では定番の”DIPLOMAT”。
インソールのロゴは薄くて見えにくいですが、文字のバランスから三都市だと思われます。
アッパーはスムースレザー。渋さと格好良さを兼ね備えた一足です。

 

SOLD THANKS

 

 f:id:straysheep_yurakucho:20200623191814j:plain

 

3足目はモンクストラップ。モデル名は”PICCADILLY”。
こちらも73LAST、三都市のブックバインダーカーフ。
ブックバインダーカーフは表面に樹脂コーティングされたガラス革と呼ばれるものなのですが、樹脂層が薄いためなのかクリームが浸透していく感じがあります。
ちなみに現在販売されているガラス革の靴はほとんどクリームは浸透していきません。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200623191850j:plain f:id:straysheep_yurakucho:20200623191926j:plain

 

4足目、こちらは黒のフルブローグ。モデル名は”HENLEY”。
LASTは読めませんでしたが、なんと二都市表記のインソール。
二都市表記のものは60年代後半から70年代のものとされています。
アッパーはスムースレザー。フルブローグの重厚感がたまりません。

 

 f:id:straysheep_yurakucho:20200623192030j:plainf:id:straysheep_yurakucho:20200623192511j:plain

 

5足目もフルブローグですが、こちらはブラウンのスムースレザー。
LAST73の”CHETWYND ”。チャーチのフルブローグの定番ですね。
ブラウンのスムースレザーがよいムラ感にエイジングされています。
そしてこちらも二都市。年代は古いですが状態は最高です。

HOLD

 

 f:id:straysheep_yurakucho:20200623192125j:plainf:id:straysheep_yurakucho:20200623192214j:plain

 

最後はこちら、ブラウンスエードのフルブローグ、73LASTの”BUCK”です。
このスエードはクードゥと呼ばれるウシ科の動物の皮を使ったスエードと言われています。
三都市の表記と共に”REAL CAPE BUCK”と刻印されています。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200623192311j:plainf:id:straysheep_yurakucho:20200623192340j:plain

 

以上、現在取り扱っているChurch'sのご紹介でした。
靴は一足一足サイズ感が違うので、気になった方は是非一度足を入れて確かめに来て下さい。

スタッフ ファルコンでした。

JODHPUR BOOTS

いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。
 
STAFF J太郎です。
 
前回のSTAFF FALCONのシューケアBLOGはいかがでしたか。
 
STRAYSHEEPではVINTAGE SHOESはFALCONのシューケア・シューシャインは勿論、全体にリペアを施して次の方が存分に使っていただける状態で店頭に並べています。
 
VINTAGE SHOESもご好評頂き嬉しい限りで、STAFFが履きたい靴から順にお嫁にいっております。
 
今回は私J太郎が革靴のデザインで一番好きと言っても過言ではないそんな靴をご紹介致します。
 
それがこちら
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200618190235j:plain

 
"JODHPUR BOOTS"
 
 靴好きの方はご存じのスタイルではありますが、見慣れない方もいるかと思いますので簡単な説明を。
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200618190301j:plain

 
ジョッパーブーツ(Jodhpur Boots)は、足首部分に紐ではなくストラップとバックルを採用したショートブーツです。
 
このスタイルのジョッパーブーツは19世紀末に乗馬用に作られたといわれてます。
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200618190338j:plain

 
このブーツの最大の特徴が足首に巻き付けたベルトストラップをバックルで留める仕様。
ストラップのバックルをきちんと留めることにより、履き口は狭く閉じて脱げにくくなり、小石などが入らない工夫になります。
 
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200618190433j:plain

 

OLD【JODHPUR BOOTS】
 
MADE IN ENGLAND
 
 PRICE・・・¥34,800+tax
 
SIZE・・・UK9
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200618190401j:plain

 
OLD【JODHPUR BOOTS】
 
MADE IN ENGLAND
 
 PRICE・・・¥34,800+tax
 
SIZE・・・UK6.5
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200618190514j:plain

 
今回はイギリス製ジョッパーブーツが二足サイズ違いで入荷しました。
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200618190537j:plain

 
STYLINGとしましては、乗馬発祥ということもありフォルムが美しさがあるので、
スラックスで合わせても良いのですが、今回は定番のデニムと。
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200618190555j:plain

 
このブーツならではのストラップは座っていると裾から顔を出し、
独特の優雅な表情を醸し出します。
 
自分自身ブーツ好きなので興味のある方は是非お試しください。
 
 
 

お知らせと店頭の靴について

いつも当店を御利用いただき誠にありがとうございます。

スタッフFALCONです。

 

まずはお知らせから。

f:id:straysheep_yurakucho:20200616134433j:plain

 

今年は中止になってしまった代官山蚤の市に代わり、今週末、来週末と代官山T-SITEにて

”DAIKANNYAMA T-SITE ANTIQUE MARCHE -代官山蚤の市 Extra Edition-"

 が開催されます。

 

今週末6/19(金)~6/21(日)の第一部と、来週末6/26(金)~6/28(日)の第二部の二部構成となっており、STRAYSHEEPは第二部の方へ参加致します。

 

今回は週末に合わせて開催しますので、平日開催の過去のイベントにご来場できなかった方も是非ご来場頂ければと思います。

 

詳細については以下をご覧ください。

DAIKANNYAMA T-SITE ANTIQUE MARCHE -代官山蚤の市 Extra Edition- vol.1

DAIKANNYAMA T-SITE ANTIQUE MARCHE -代官山蚤の市 Extra Edition- vol.2

 

さてお知らせの後は前回のブログに引き続きVINTAGE SHOESについてのお話を。

まず今回は買い付けてきた靴に対してどのようなことをしてから店頭に出しているか、お手入れについて紹介させて頂きます。

 

 

買い付けてきた靴は基本的にはそのまま履いて頂いてもそれほど問題はありません。

ですが、一通りお手入れをしてあげると本当に美しくなってくれます。

 

まずは中のお掃除から。

ウェットティッシュを用いて消毒と埃の除去です。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317210435j:plain

 

そして中にもクリームを塗っていきます。

コロニルの1909の無色がお勧め。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317210656j:plain

 

アッパーは先ずは馬毛ブラシで埃の除去。

全体的にブラッシングしますが、コバの隙間は念入りに。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317210737j:plain

 

次に汚れ落としです。

基本的には液体のクリーナーで拭いて、過去のクリーム等を落としていきます。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317210820j:plain

 

作業的にはほんの小さな一手間ですが、コバに色を入れてあげると仕上がりに大きな差が出るので、ここでコバインク。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317210856j:plain

 

今度は栄養を与えるために乳化性のクリームです。

最初はクリームを満遍なく全体に軽くブラシでのせていきます。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317210949j:plain

 

その後は「磨きはパワー‼︎

力一杯、豚毛でブラッシングです。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317211019j:plain

 

ここまでのbefore&afterです。

これだけでもかなり綺麗になってくれます。

少し硬くなってしまった革も見事に復活です。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317211054j:plain

 

コバの隙間やコバの色、ヒールにも色が入っているので全然違いますね。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317211124j:plain

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317211155j:plain

 

ここまででもお手入れとしては充分なのですが、せっかくの腕を鈍らせたくはないので、ここから更にWAXでポリッシュです。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317155307j:plain

 

ひたすらWAXと水を使って磨いていくと、何もしていない時と比べるとここまで違いが。黒さに深みが出てくれます。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317211304j:plain

 

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317211356j:plain

 

一応、左足にも乳化性のクリームまでを終わらせて比較してみました。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317211500j:plain

 

両足をしっかり磨き上げて完成です。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200317211553j:plain

 

カジュアルに合う靴は光らせすぎるとコーディネイト的にバランスを崩してしまうのでここまで光らせませんが、ビジネス&フォーマルに合う靴はしっかりと光らせて、より魅力的に仕上げております。

一足一足、しっかりと仕上げるのは結構大変な作業ですが、VINATAGE SHOESは良い革の靴が多いので、手を入れてあげると応えてくれるのでとても磨き甲斐がありますね。

靴や革のことで疑問があれば、お気軽にご質問下さい。

 

スタッフFALCONでした。

 

MARTIN MARGIELA 22 STRAIGHT-TIP

いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

 

STAFF J太郎です。

 

いよいよ関東地方も今日で梅雨入り。

STRAYSHEEEP有楽町店も再開して約2週間が経過し、

STAFF一同も徐々にではありますが、フィジカルディスタンスを考慮した接客に努めております。

 

新商品につきましては、手入れのできた物から徐々に入荷しております。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200611183633j:plain

 

この季節にお勧めなVINTAGE SHOESも多数入荷しております。

 

今回はその中から当店としては珍しい一足をご紹介いたします。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200611183701j:plain

 

 

【MARTIN MARGIELA 22 STRAIGHT-TIP 】

 

MADE IN ITALY

 

PRICE・・・¥44,800+tax
 
SIZE・・・FITS LIKE 42

 

今のファッションシーンでは切っても切れてない存在の‘’MARTIN MARGIELA‘’

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200611185905j:plain

 

こちらはカレンダータグでいう22番女性と男性のための靴コレクション

 

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200611184053j:plain

 

ディテールとしてはスエードのシンプルな内羽根ストレートチップ

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200611183727j:plain

 

最大の特徴はスエード表面に「VINTAGE加工」をしていることです。

 

スエード表面の毛足を、オイルなどを使い毛足を押し潰すなどの加工をし、

 全体的にVINTAGEならではの使い込まれた風合いを再現されています。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200611185017j:plain

 

ソールはレザーソールに前のオーナーがハーフラバーをつけているので、

滑りにくく耐久性も増しているます。

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200611190325j:plain

 

STYLINGとしましては、

モードの香りのするKLASICAのサルエルパンツに合わせて全体の風合いを整えました。

 

こちら以外にも当店らしいVINTAGE SHOESも入荷しておりますので、

徐々に紹介していきます。

 

 

 

 

KLASICA 【GERALD-Wv】

どうもSTAFF J太郎です。
 
日に日に暑さも増していき、梅雨の足音が近づいてきたのかなと感じます。
 
今回も前回同様 【KLASICA】のアイテムをご紹介致します。
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200608191134j:plain

 
 
20C-24SP【GERALD-Wv】
 
 PRICE・・・¥33,600+tax
 
SIZE・・・3,4
 
COLLAR・・・OLIVE、BLACK 
 
極太シルエットで股上の深いボリューム感とバランスのとれたシルエットが特徴のショートサルエルパンツ。
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200606192639j:plain

 
生地は前回紹介しましたKLASICA LOOSE HALF SLEEVE と同じ、
たわみの生まれる100%コットンボイル生地。
 

 

f:id:straysheep_yurakucho:20200608191604j:plain

 

ウエストには別布の紐がつけられていて、ベルトループに2重に通してフロントで結んでウエストを調整できます。
ベルトループもついているので別のベルトをつけることも可能。
 
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200608192052j:plain

 
膝下ほどの丈に仕上げており、シルエットはタック入りのサルエルパンツではありますが、たわみのあるコットンボイル生地のため縦に落ちこみもよく、肌に纏わりつかずほどよいボリュームのあるシルエットに仕上がってます。
 
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200608174929j:plain

 
STAFF SIZE 3 着用
 
stylingとしましてはBONCOURA別注レギュラーカラーシャツのようなシンプルでソリッドなアイテムに当店らしいヴィンテージシューズを。
 
このショートパンツは生地感とデザインにより革靴との相性も良く、カジュアルではありますが程よく品もありますので、大人の履けるショートパンツだと思います。
 

f:id:straysheep_yurakucho:20200608191636j:plain

こちらもシャツと同様カラーはOLIVEとBLACKの二色展開になります。
 
興味のある方是非。